秋祭りと伝統芸能

祭りはそれが行われる季節によって、それぞれ異なる意味を持ちます。

秋の祭りは収穫を神に感謝するという意味を持ち、その感謝を表すため、舞を踊ったり曲を奏でたりという風習が生まれました。

秋祭りから生まれた神楽と田楽

そうした秋祭りから生まれた伝統芸能が、神楽と田楽です。

神楽とは、神社で行われる舞の一種で、神楽役が踊るもの、巫女が踊るもの、獅子舞を出すものなどさまざまな種類があります。通常は神社の神楽殿という特別な舞台で行われます。

田楽とは、農耕を祝う舞楽で農民の間で行われました。歴史の中で、仏教と結びついたり演劇的な要素が加わり、芸として洗練されていきました。