収穫を祝う新嘗祭

秋祭りの一つとみなされる新嘗祭について、ここでは説明します。

新嘗祭は天皇が執り行う収穫祭

新嘗祭は宮中祭祀(皇居で天皇が国家の繁栄を願い行う祭り)の一つで、毎年11月23日に神嘉殿という建物で行われます。

その歴史は古く、起源は飛鳥時代と言われています。当時の女性天皇、皇極天皇により始められました。日本人にとって大切な作物であった五穀(現代では米・麦・粟・豆・黍だが、時代により異なる)の収穫を祝い、秋に行っていたといいます。

旧暦を使用していた時代は、現在より1週間~10日ほどの早い時期に行われた場合もあったようですが、1873年に日本で太陽暦が採用された際、11月23日が新嘗祭の日と定められました。

この日は現代では勤労感謝の日として、国民の休日にもなっています。