祭りがつなぐ人との関わり

古来から、祭りは多くの人が生活する共同体の中で大切な役割を果たしてきました。祭りは多数の人々を物理的に、また精神的につなぐものです。共同体にとっての祭りの意義をいくつか挙げてみましょう。

コミュニティにおける祭りの役割

一つの神を多人数で信じる…本来神を祀るものであった祭りは、同じ神を地域の人々皆が信じることで、共通の信仰を持った集団を生み出しました。

非日常の「ハレ」の儀式である

日常である「ケ」に対し、祭りは非日常である「ハレ」であり、祝い事や季節・物事の節目を象徴します。

こうした特別な体験を共有することで、共同体に互いへの親しみと理解が生まれ、団結力が強まるのです。祭りは「他者との経験の共有」を行う場として重要な場であり続けてきました。